自称経済学徒の日記

経済学でPh.D.を取ろうとアメリカに留学準備中の理工学部の修士です。英語、programming、ニュース、音楽、趣味、いろいろ書いていこうと思います。

メジャー音楽に対して一つ言いたいことがある!

group_inou年内活動休止か。
忙しい時期に発表するから、チケット取り損ねた。
そういえば、ひとつ言いたいことがある。
 
メジャーになるとバンドとしての魅力が減る。
また聞きなのだけれど、売れっ子の作曲家によると、売れるパターンというのがあるらしい。
バンドがメジャーになると、売れるパターンに当てはめがちになってしまう。
そして、みんな同じような曲調に収束する。
魅力が減ってしまう。
 
 
例えば、KANA-BOON
大阪でやっていたころの音楽が好きだった。
NARUTOとタイアップしてからの曲がTHE JPOPになってしまった。
別にそれが悪いというわけではなく、それが好きな人もいる。
でも、売れっ子になって遠くに行ってしまったねという地下アイドルファンのような気持ちになる。
自由な気持ちで作曲してくれ!と願ってやまない。
 
そういえば、反例がひとつ。
全盛期は、たぶん自分が中学生の時。
上海ハニーや花とか、商業ソング感がすごい曲ばっかりだった。
最近の楽曲を見てみよう。
1000人に1人好きな人がいればいいやくらいのノリでしょ。
メジャーなミュージシャンでなくなるって悲しいことです。
でも、誰にでも受ける曲を作る必要がなくなる。
そして、個性が出てきて、コアなファンが集まる。
音楽におもしろみが出てくる。