自称経済学徒の日記

経済学でPh.D.を取ろうとアメリカに留学準備中の理工学部の修士です。英語、programming、ニュース、音楽、趣味、いろいろ書いていこうと思います。

英語の先生がTOEICを受けた結果。僕の考える結果と同じに。

アメリカに行きたい思いを胸に、英語の勉強をせっせと続けております。

どうも、経済学徒です。

 

英語に対して、より敏感になっているこの頃。

こんな衝撃のニュースを目撃してしまいました。

 

news.livedoor.com

 

中身を要約すると、

京都府が中学英語教師に、TOEICを受けさせる。

点数が想像を超える低さ。

あかんでしょ。

ということです。

 

280点という人もいたそうな。

TOEICは990点満点で、4択問題です。

ランダムで選択肢を選んでも、得点の期待値は、約250点!!*1

 

まあ、えーと、なんていえばいいんでしょう。

僕の予想通りの結果でした。

 

英語が喋れないと言われる日本人。

読んで聞くというインプットを重点的に教育したせいだとか言われてました。

読んで聞けるけど、喋れない日本人という英語コミュ障がいると。

 

でも、実際は、読んで聞くこともできない。

もっと最低の状況です。

 

「聞けても喋れないんだよな~」

 

よく聞きます。

嘘です。絶対ウソです!

基本、しゃべれないって言ってる人は、ちゃんと聞くことも読むこともできません。

 

てか、日本にいるんだったら、情報をインターネットで集めたり、ドラマを見たりするくらいでしか英語使わないです。

ニュースとか英語のものと日本語のもの、いろいろ読めたほうが、情報の幅が広がります。

また、訳されるまで待つ必要もないですし。

で、ここで言いたいのは、喋れる必要はないということです。

 

ニュースとか読んだり、聞けたりすればおっけー!

 

読めて、聞ければ、All is well~(きっとうまくいくより)

 

それで、人を教えるってのは、非常に大切な仕事だと思います。

なのに、スキルが足りなさすぎる。。。

勉強してよ。先生。

宿題やってきなさい!って子どもに怒るのに。。。

先生は、人生の宿題やってませんよね。

努力してますか?

 

でも、授業の準備以外にも、たくさんやらなければならないことがあるそうです。

部活の顧問であったり、親の対応であったりと。

時間がない。

どうすればいいのでしょうか。

僕にはわかりません。

 

でも時間がないっていうのは、いいわけだと思ってしまいます。

通勤時間に英語でpodcast聞くとか、毎朝5分発音矯正のyoutubeを見るとか。

今の世の中、便利ですから、細切れの時間で、勉強できると思います。

修士で論文書きつつ、お金を貯めるために仕事しつつ、TOEFLの勉強してたので。

細切れの時間で、勉強してました。

 

結論はふにゃふにゃですいません。理系らしからぬ(笑)

*1:実は、TOEICはただ単に正答した個数だけで、得点が決まるわけではない。詳しくは知りませんが、特殊な統計処理が行われていて、ランダムに選ぶと、得点は低くなる傾向にあります。